七月七日♡ 七夕に私が思い出すお話♡

こんばんは🌙

艶塾の青木人生です♡



ちょくちょく、公開してきた七夕に関する記事はみなさんお読みいただけましたか??


いよいよ、今日は七月七日!

なかなかない晴天の夜となりました♡


今日は、織姫さんと彦星さんは会えるかな〜?♡

空を見上げながらなんだかワクワクしてしまいますね♡


一年に一度のロマンティックな夜♡




私、この七夕の日になるといつも思い出すお話があるんです。

地元、静岡のお話なのですが…✨



みなさんは、三保の松原をご存知ですか??

静岡県静岡市清水区にある、日本新三景にもなっている美しい場所です。


そのため、多くの人が訪れます!


この場所にまつわる有名なお話が【羽衣伝説】です。



♡♡🎋🎋🎋🎋♡♡


昔、一人の男が美しい天女が一人水浴びをしているのを発見し、男はこの世の者とは思えない美しい天女に恋をして近くに脱いで松の木に引っ掛けてあったあった衣(羽衣)を隠してしまいます。

羽衣を失って天に帰れない天女は、男の女房になり二人の子を授かりました。

授かった子もスクスクと成長し、親子四人が幸せに暮らして居たある日、天女は夫が天井裏に隠していた羽衣を見つけてしまいます。

天女が自分の体に羽衣を羽織って見ると、子ども達を地上に残したまま天界に飛んで行ってしまいました。

残された二人の子ども達は大いに悲しみ、近くの小高い山に登り、必死で笛を吹き太鼓を打ち鳴らし母親に呼び掛けるも、母親の天女は二度と地上には戻って来ませんでした。

しかしその二人の子供の、笛を吹き太鼓を打ち鳴らしての母親への哀れな呼び掛けから、近くの小高い山は何時しか「打吹山(うつぶきやま) 」と呼ばれ伝説となりました。


♡♡🎋🎋🎋🎋♡♡


本当にこのお話に出て来る松はあるんですよ♬


天の川を思い出す度、静岡出身の私は思い出します。

天女さまも、織姫さまもみんな女性。


どの世界にいても、恋する気持ちは同じ♡




みなさんは、みなさんの彦星さまに会えましたか?

まだ会えていなかったら…



「彦星さまぁ♡」



って連絡してみましょ♡

素敵なラブスーリーが生まれますように。