白馬に乗った王子様は現代にいる???♡

こんにちは♡

艶塾青木人生です♡

 

今日は、昨日の記事の続き…のような感じで書いていこうかと思います。

 

tsuyajuku0922.hatenadiary.jp

 

ガラスの靴のお話にはやっぱり必要な登場人物!

 

そう、王子様です👑

 

 

もう10年近く前でしょうか。

杉並区辺りで発見した看板が今もなんだか頭の中に残っています。

 

 

「白馬に乗った王子様は明大前にはもういない」

 

 

看板を見上げて、なんだか小さく吹き出してしまったことを覚えています。

 

でも、確かに現代に白馬に乗った提灯ブルマーの王子様はもういないと思いますw

 

だからこそ、現代に生きる女性はガラスの靴を脱ぎ捨てた。

待っていても王子様が迎えには来てくれないことを知っているんです。


そっちが来ないなら、こっちからお迎えにあがります!


って勢い(笑)

f:id:tsuyajuku0922:20170627203844p:plain

そんな女性陣に押されがちな世の中は【肉食女子】なんて言葉を使ったりして…。

もうちょっと可愛い呼び名なかったのかしら?


本能のままに生きてるだけなのに!w



現代に生きる王子様は、白馬にまたがってはいないけれど必ずどこかにいる!

それはもしかしたらもうすぐそばにいるのに気がついてないだけかもしれないし、実は通り過ぎてるかもしれない。


ひとつ言えることは…


待っているだけじゃ王子様とは出逢えないってこと!


イイオンナは確かに待つことができる女ではあるけれど、それは相手が待っていて欲しい状況であったり落ち着いてものごとを見る状況であるからこそ。



行動する前から「王子様がいない!」って言ってたら見つかるはずもなければ、通り過ぎていた時なんてもはや提灯ブルマーしか残っていないかも?!



そして、もし、王子様と出逢うことができたのなら…

ガラスの靴を落としてみる?


きっと、本家のシンデレラとは違うストーリーが繰り広げられるはず!

f:id:tsuyajuku0922:20170627203901j:plain

ガラスの靴を取りに戻ったら拾う瞬間に王子様と手が重なって運命を感じちゃうかもしれない。


もしかしたら片方の靴がなくてケガをしてしまったあなたをおんぶしてくれるかもしれない。




恋の物語はひとつじゃない♡


白馬じゃなくてベンツに乗ってるかもしれないし、新幹線かもしれないし、バスかもしれない!



運命のストーリーのはじまりのきっかけはありとあらゆるところに転がっています。

見つけた時にページを開くか開かないかは自分次第♡


そして、普段から見つけられる目を持っておくことも大切ですよね♡

ラブレーダーを張り巡らせておいてください♡


世界はラブストーリーであふれています♡