読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

強気に本気、無敵に素敵、もひとつおまけに元気に勇気!いっきま~す!

こんにちは☆

艶塾講師青木人生です♡

 

今日のタイトル…私と同世代の方はもしかして「あれ?これどっかで?」「なつかしい~!」ってなってるかな?♡

 

f:id:tsuyajuku0922:20170420124455p:plain

 

そうです♡私たちが小学生くらいの頃に、大流行りした種村有菜先生の《神風怪盗ジャンヌ》の決め台詞!

 

なんだか、ちょっぴり大人なジャンヌとシンドバッドのシーンがあったりで…

子供ながらにちょっとドキドキ読んでいたのを思い出します♡

 

 

数年前に、この神風怪盗ジャンヌが文庫版が出ておりまして、思わず全巻買った私でございます。

https://www.amazon.co.jp/神風怪盗ジャンヌ-集英社文庫-コミック版-種村-有菜/dp/4086194260

 

 

 

私、今日タイトルにしたセリフを度々思い出すんです。

自分に勢いをつけたい時、奮い立たせたい時。

 

どれも、みんなが持ってるものだけれどいつも100パーセントの力を出せていないものばかりだと思うんです。

 

でも、女性って生まれながらに妻にも母にもなれる、いくつもの顔を持つことのできる才能を授けられてる。

だから、自分で自分を変身させることができるんです♡

 

だからこそ、夜のお仕事もこうして世の中で生き残っているんじゃないかなって思います。

女性は自らステージを作り、そこを歩くことができるから…。

 

 

 

幼い頃に読んだ漫画から感銘を受けて今の自分になんらかの形で影響しているって覚えはありませんか?

 

《女性の素顔と本音》という面について考える時、神風怪盗ジャンヌを読むと分かりやすいよ〜って私はいつも思います。

 

時に強がり。

だけど、本当はちょっぴり弱いところに気がついて欲しい自分もいて。

 

自分を奮い立たせることが出来るのは自分。

だけど、それは愛すべき誰かのためである時が一番強く立ち上がれる時で。

 

無敵のハッピーマインドが明日も歩む、誰かを愛する勇気になる。

 

 

そんな感じ。

 

 

 

女性にはいくつもの顔があります。

それは自分自身もまだ知らない顔も含まれていると思うんです♡

 

「私は知らないけれど、彼は知っている顔」ってあると思うし、私はそれをとても大切にしたいなって思うタイプ。

 

知らない世界を教えてくれる人に人は誰しも感銘を受けるけれど、その中でも知らない自分について教えてくれた人を生まれてすぐに見た人の顔を親だと思ってしまうかのように愛することってあるんですよね。

 

 

そんなストーリーがとても詰まっている漫画なんです。

大人になった今だからこそ泣けるシーンがあったり、ズキュン!ってくるコトバが違ったり…。

 

 

文庫のコミックスだと5巻で完結の見た目も可愛らしいコンパクトな本になってます♡

 

「懐かし〜!」と思った方は是非、またお手に取ってみてください。

 

自分の中に眠っていた、未だ見ぬ《女の子》と出会えるかもしれません♡