読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SoCuteなバッテリーでラブチャンスを逃すな♡

こんにちは♡

艶塾講師青木人生です♡♡

 

今日の私、るんる~ん♡

 

可愛い、可愛い、バッグの中の定番グッズが増えたから♡♡

オンナノコってお気に入りが増えたり手元にあったりすると笑顔になってしまうものですよね♡

 

f:id:tsuyajuku0922:20170315155328j:plain

 

もはや現代の必需品!

モバイルバッテリー♡♡

でも、なんか電気屋さんに並んでいるのって、ちょっと事務的色が強めというか、なんだか機械、機械さんしていてなんだか可愛く…ない。

 

私、可愛くないの理由でちょくちょく色々なことをお断りするので、うちのPにたまに「はぁぁ……」とされるのですが、このモバイルバッテリーもそう!

 

バッグの中でも浮かない可愛さで、ダーリンの前でもどうどうと出せちゃって「それなに?」って聞かれて「えへへへへ~♡」ってなれるモノを探していたんです!w

 

艶塾の授業の中でもバッグの中の持ち物についてお話をするんですが、男性って女性の持ち物に結構興味津々なんですよ!

見慣れないものも多いのか、好奇心が掻き立てられるご様子♡

 

そんな時に「うふふ♡」ってつい自慢したくなっちゃうようなアイテムでいっぱいにしたいですよね♡

 

こちらのバッテリー、2回分充電出来る層です♡

 

新宿のマルイさんで3月4日~31日まで限定ショップが♡♡

私の購入したバッテリー以外にも、iPhoneケースなども充実!とにかくた~くさんの種類があるので、店頭に行く前にサイトでチェック♡

f:id:tsuyajuku0922:20170315162758p:plain

ciara-store.com

 

 

ホント、スマホの充電って一刻を争う時がありますよね!

急なデートのお誘い!でも充電ギリギリで待ち合わせ場所までもつか不安!とか。

 

これ、未だに私あるんですよね。

朝、充電満タンで出てきて…夜、帰るだけ~って時に電話がリンリン♪

きゃ~♡ってなる一方で、彼からの電話を切ったら残りの充電20%!とか!

 

近くのコンビニに駆け込んで、携帯充電器を一体今まで何度買ったことだろうか…。

経験がある方も多いのでは?

コンビニで買えるものって便利だけれど繰り返し使えないものも多いから結果、コスパが悪かったり。

 

イイオンナは物との付き合い方も上手でありたいですね♡

 

せっかく携帯電話が普及して、恋人たちの距離が縮みやすくなった時代。

バッテリー満タンで、いつも恋のチャンスを逃さない準備を♡

 

もちろん、スマホがオシゴト道具のキャバ嬢必須です♡

私も今日から持ち歩き♡心強いアイテムが出来ました♡

 

「一番好きな花はなんですか?」「ダリア♡」

おはようございます~♡

艶塾講師青木人生です🌸

 

ホワイトデーに向けてお花屋さんにはお花のプレゼントの提案の看板がたっくさん♡

 

皆さんの好きなお花はなんですか?

 

今日は私の好きなお花《ダリア》を紹介しようかなって思います♡

f:id:tsuyajuku0922:20170310153442j:plain

ダリアはキク科のお花♡

ほら、よく見ると大きなキクみたいでしょ?

 

私は「一番好きな花は?」と聞かれる何個か候補があるのですが、その中でも特に好きなのはこのダリア。

 

私の成人式は母校の礼拝堂で行われるもので、私は当時、実行委員長でした。

その中のオシゴトの一つにあったのが祭壇に飾るお花を決めること。

 

もちろん私はお世話になっているお花屋さんに「ダリアが欲しい!!」とリクエスト。

しかし、成人式と言えば1月の寒い頃。

実はダリアの季節ではないんです。

 

お花屋さんも「お正月明けの市にダリアが出れば…」と言っていましたが、私の頭の中では祭壇の花は大輪のダリア!って想像していたおかげがダリアを飾ることが出来ました♡

 

そこまで、どうして私がダリアにこだわったかと言うと…

なんだか、私自身を、オンナって生き物を連想させる花だと思ったから。

 

ダリアにはたくさんの花言葉があります♡

花言葉のお話は以前にもしたことが…その中で紹介した花言葉は「移り気」でした。

 

tsuyajuku0922.hatenadiary.jp

 

ダリアの花言葉

「華麗」「優雅」「威厳」「移り気」「不安定」「感謝」「栄華」

ダリア - Wikipedia

 

見た目通り、華麗で、優雅

それなのに堂々としている感じ。

 

でも、それってきっとキレイなものばかり見てきたとしたら醸し出せないものだって私は思っていて…🌸

キレイなものはもちろんずっと好きだけれど、生きているキレイでないものも目にしてしまう。

でも、それを知った上でも立っていられるツヨさとか…私にはそんな人間くさ~いオンナ像。

 

それがなんでオンナなのかって言ったらちょっと移り気や危うさを含んだ不安定さ。

それって、男性から見た女性なんじゃないかなって。

高いピンヒールの上でグラグラしていて「支えてあげなきゃ」と思っていたらもう次に進んでいり。

 

移り気というと聞こえはなんだか浮気者のようでよくないけれど、世の中の色々を魅了してしまうとそんな風に見えてしまうものです。

 

私が通っていたのは女子校だったので栄華はちょっと大げさだけれどこれから女性が活躍していく世の中であったらいいな~って思ったんですね。

感謝は何においても大切♡

f:id:tsuyajuku0922:20170310155758j:plain

何だか、色々な顔や表情を持っているのにしっかり芯のある感じ。

 

だから私はダリアが好き♡

その中でも特に好きなのは一番上写真のような赤。

少し深い、紅。

歳を重ねてこの花びらの数くらい厚みも深みもある女性になりたいものです🌸

 

 

さぁ、皆さんのお好きな花はなんですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

たまには子供に返ってみよう♡オカピがいるズーラシアへGO!

こんばんは♡

艶塾講師青木人生です♡

 

突然ですが…

こちらのこの子、誰だかわかりますか?w

 

ん?シマウマ?

や…キリン?

 

オカピだよー!」
(うちのPがオカピ大好き♡♡♡なのは、、、ナイショですwww)f:id:tsuyajuku0922:20170305153725j:plain

オカピとは…

オカピはウマではなく、キリンの仲間です。また、それに伴い成熟したオスの頭には小さいながらも、キリンと同じく皮膚に包まれた角があります。さらに、密林に生息するオカピは自分の身を守るための保護色として黒褐色の綺麗な体毛を持っています。

 

オカピはキリンの仲間なんですね~!

足の柄だけ見ると、シマウマさんのようだからか発見当初はシマウマの仲間だと思われていたようです。

 

☆○o。 。o○☆☆○o。 。o○☆☆○o。 。o○☆

 

私、このオカピさんには実はとても思い出があります。

静岡出身の私は小学校の修学旅行が東京・横浜でした。

その時に横浜のガイドブックに載っていたのが、当時オープンしたばかりの《ズーラシア

 

修学旅行で、ズーラシアに行くことに~♡

そこにいらっしゃったのが、珍しいどころの騒ぎじゃないオカピさん。

 

あれから10以上経ったとある日のこと。

「なんか自然に触れたほうが良い気がする」と都会の波にもまれた同士でこのズーラシアを訪れたんです。

 

大人になって日本の動物園に行ったことってなかったんですが…

 

このズーラシアさんのすごいとこ…!

大人になっても面白い!

というか、なんかちょと大人な動物園!w

 

自然がい~っぱいの道を動物さんたちのいるコースに沿って歩くんですが…

いや~気持ちいい♡

f:id:tsuyajuku0922:20170305160213j:plain

ちなみに巷で人気のカワウソさんもいます♡

私もカワウソさん大好きで、もはや、このズーラシアさんでカワウソさんに惚れ込んでしまい、同じイタチ科のフェレットさんをお家にお迎えしたほどです♡(我が家のイタチさんはまだどこかで♡)

 

お子さん連れの方もたくさんいますが、大人のカップルも結構多いこのズーラシア

 

ちょっと日々のデートに飽きたなぁと思ったらちょっぴり足を延ばしてズーラシアさんに行ってみませんか?

横浜駅からも行きやすい場所なので、プチ旅にも最適です♡

 

子供の頃に返った気分で、無邪気さ200%発揮間違いなしです♡

四季に沿った自然も楽しめるのでなんだか心も洗われます♡

 

恋人同士で♡

家族で一緒に♡

もちろん、お友達同士でも♡

 

春の陽気のポカポカ季節も、もう間近♪

大人の遠足してみませんか?

今度、大人の遠足特集でもしようかな♡

 

動物さんたちの色んな情報も載っているズーラシアさんのHPをチェックしてからお出かけください♡♡

www.hama-midorinokyokai.or.jp

2017年3月11日。 東日本大震災から6年に寄せるオモイ。

今日は2017年3月11日。

f:id:tsuyajuku0922:20170311143622j:plain


 
私の人生・・・震災とはとても密接な気がしています。
その理由がこの前わかった。それは前世にありました。(この話はまた今度(^_-)-☆)


2011年3月11日。
FBにもシェアしますが・・・私はお休みでした。

2011年は、私の家族にとっても、大きな転機となった年。そう。あの年の3月2日から。。。(この話は他のブログにて)

2011年3月11日。
私は2010年6月から、とある株式会社系列の保育園の年長担任。


私はその日、当時住んでいた、千葉の幕張。ちょうど、QVCマリンフィールドの近くの歩道橋の下にいました。
海浜幕張は当時、液状化で有名になったように・・・今考えれば、あの歩道橋が落ちてこなくて本当によかった。

2017年の3月11日。
当時5歳だった子どもたちは・・・今年12歳。
そう。小学校卒業の年です。


あの日・・・歩道橋の下で思ったこと。ハッキリと覚えています。
 
《子どもたちは大丈夫かな?近くの公園にちゃんと逃げたかな・・・他の先生たちのいうことしっかり聞いているかな・・・そして泣いてる子いないかな。。。そして・・・そして・・・あの子たち・・・小学生になれるのかな・・・・。》

ハッキリと覚えている。
 
秋にやった運動会。笛も使ったけど・・・保育園では珍しい、音楽による組体操。
当日は雨だったから・・・体育館だったけど・・・本当に立派にやり遂げた。

遠足も、今までの卒園生がいったことないような横浜まで、隣の4歳児の子たちの手をつないで行ってきて。。。

生活発表会で、前代未聞の早着替えをしながら、「不思議の国のアリス」のお話をやり遂げ、本当に自信をいっぱいいっぱいつけた子どもたちでした。

私が担任になっちゃったばかりに・・・やってみたことないことばっかりの、半年間だったと思います笑(いいんだか・・・悪いんだかww)

自信をつけていけばいくほど・・・子どもたちは夢を語るようになってきた。
 
みんなバラバラになっちゃうけど・・・小学校違うけど・・・小学生になったらあんなことやりたい、こんなことやりたい。そればっかり話すようになったのは、あの生活発表会の次の日からでした。

だから、卒園式。
史上最高の卒園式をやろうって思ってた。
私があの子たちにしてあげられるのは《企画》ただそれだけ。。。

だから・・・まぁ色々あって、本社の社長室に呼ばれて、当時の社長に朝っぱらから怒鳴られたけどもww
そんなんどーでもよかった。

私がどなられて、この子たちの夢が叶うなら、どなりたいだけ怒鳴れって思ってましたww
むしろそれくらいで子どもたちがやりたいことデキるなら・・・毎日やってくれてかまわないってさえも思いました笑
そんな話はさておいてww
(あ、、、今はその社長いなくなったみたいだから、これからその会社に入る人はご安心を♡♡♡)

あの子たちが・・・あの、私が震災直後に「あの子たち・・・小学生になれるのかな」って思った子どもたちが・・・入学式を迎え、今年卒業の年。


私にとっては、待ちに待っていた・・・2017年の春なんです。

やっと6年?・・・もう6年・・・?
関東大震災から6年。 ここ数カ月それを聞くたびに思い出すのは・・・あのめろん組の子どもたち。

私の中に映るめろん組のお兄さんやお姉さんはまだまだ5歳のままだけど笑
きっと、とっても大きくなったんだろうな・・・


私は被災したわけじゃないから・・・被災者の方々の気持ちを本当にわかることはできません。

阪神淡路大震災も、新潟中越地震も、東日本大震災も、、、被災地に行って被災者の方々の気持ち、オモイ。
そういうのを聴くということだけはしてきました。
そう。私にできるのは聴くことだけだから。。。


だけどね・・・さっきも言ったけど、被災者の方々の気持ちを本当にわかるってデキないの。
それがとってもくやしいっていうか・・・不甲斐ないっていうか。。。

できることをやる。っていう人生じゃないから。私の人生は。
とにかく決めたことをやるっていう人生だから。
欲しいもの全部とってきた人生だから。。。


だけどね・・・被災地の方々の気持ちを知りたいなんておこがましいのわかってるけど・・・
それだけは取れなかった。
 
そして・・・とある岩手のおばあちゃんから言われたこと。
『それはね・・・気持ちだけでいいんだよ。』って。
『被災地の方々の気持ちを知りたいって言ってくれるだけでいいんだよ。誰もこんなオモイしちゃいけないんだよ。』って。

だからそこから、伝える。風化させないっていう目的に変えた。

f:id:tsuyajuku0922:20170311143915j:plain



2011年3月って・・・もうやめようって思ってました。教員を。
それでも・・・まだやることあるって、教員にも2011年の4月に戻った。
ここで・・・子どもたちに伝える何かを創らないとやめちゃいけないって。

2012年の3月11日・・・土曜日。かなわなかった。
だから・・・この日にやったことで、授業をツクルってきめた。
この日、当時所属していた吹奏楽団のメンバーと私は、お茶の水までフルートをみにいっています。
 
ココで決まった。私は音楽を通して震災を風化させないって。創るって。そういう授業を。

2012年は怒涛のようでした。
前半はさっきとは違う、株式会社立の保育園で過ごし、、、後半は初めての音楽専科。
だけど・・それが運命だったって思う。
その学校の音楽専科が決まった時に、私も決めました。
2つの学校で、この、デキたものをやったら学校の先生としてのシゴトは終わりだって。

2013年1月17日。
阪神淡路大震災から18年経ったこの日からプロジェクトははじまって、1月31日に最初の指導案はデキあがりました。
 
そこから、彼らに渡すもの、ワークシートの準備。
とにかくたくさんの人の手を借りて、デキあがったのが・・・『震災と音楽』っていう60分の授業。


2013年の3月。
音楽専科としての初めての学校で、私は『震災と音楽』っていう授業を、当時の6年生への卒業のプレゼントとして授業をしました。
この年の学校も、教頭先生も校長先生も、特に6年生の3人の担任の先生も協力的な先生方で・・・あの授業が行えたのは、あの学校だったからって思ってる。

f:id:tsuyajuku0922:20170311143952j:plain


卒業式。
ここの卒業式にも忘れられないストーリーがあるけど・・・それはまた今度。

2014年の3月。
県内の学校へ移動。また音楽専科。
本当に運命だって思った。私が2つの学校でこの授業をやったら、教員生活を終わる時。
決めたからこそ来たこのチャンス。
この学校では、当時の4年生にその授業を行いました。
2つの4年生のクラスでやった時に思った。
もうここで、いつ学校の先生をやめてもいいって。
もう30数年分働く分だけのものはココに残したって思いました。

f:id:tsuyajuku0922:20170311143736j:plain



だけどこのあと1年半さらに教員するわけだけども(笑)その理由もまたいつか!!

 
 
 
音楽専科としての2年間(2013/2014)は「震災と音楽」という授業をして伝えてきました。
絆とうサブテーマのもと。
絆という漢字のもとのイメージはよくないと知っているけど、敢えて選んだ。この字を。



子どもたちに・・・そして社会に対して私が伝えたいのは・・・
みんなが何気なく生きている今日は、誰かが、、、被災して亡くなってしまった人たちがどうしても生きたいと願っていた1日なんだってこと。

これからも風化させずに伝え続けていくことこそ私にできることなのかもしれないと思っています。



2017年3月11日。
このつながった青空の下で。
当時のめろん組のみんなが元気に過ごしていることを祈って。

そして、東日本大震災で被災した皆様、犠牲になった皆様に、1日も早く心からの笑顔が戻ってくることを祈って。。。


2017年3月11日(土)14:46 艶塾のPより(⋈◍>◡<◍)。✧♡

f:id:tsuyajuku0922:20170311143802j:plain

明日へもっと繋ぎたい、たくさんのオモイ。

こんにちは♡

艶塾講師青木人生です♡

 

今日はきっと誰もがそれぞれにオモイを抱える日。

そんな3月11日。

 

私は6年前の3月、決めていたことがありました。

当時私は大学卒業の年。

 

それを機に学生時代からしていた夜のお仕事をあがろうと思っていたんですね。

 

「卒業祝いしないとね!」

 

たくさんの方がそう言ってくれました。

卒業前にたくさんお礼をしよう!

それから新しいスタート!

 

と思っていた矢先の出来事が、6年前の震災。

 

地方から出てきた一人暮らしの女の子が多く勤めていた当時のお店。

一人じゃ不安な女の子達のために休まずお店を開けてくれて、どんなにお客様が入らない日も 「一人じゃ不安だったらおいで」と多くの女の子を受け入れてくれていました。

 

多くの人が交通手段がなく、歩いて帰ることを強いられたあの日、私の働いていた六本木の街では長く歩いてきた人のために炊き出しをするお店もあったりと様々な取り組みがされていました。

 

普段は華やかな繁華街でみんなが肩を寄せ合って、支え合っていました。

地方の家族の無事を喜んだり、遠方に帰れない同僚を交互に家に泊めたり。

 

東京都いう街はふるさとが東京以外の人がほとんど。

私自身も静岡出身ということもあり、後日起きた静岡での大きな揺れにはとても焦りました。

 

 

生まれた街も育った街も違うたくさんの人が心を通わせた3月11日。

 

この日、きっと、今までの自分たちがどんなに恵まれていたのかを知ったのは私だけじゃないと思います。

 

大好きな人といつでも会えること。

大好きな人といつでも連絡が取り合えること。

 

隣にいる存在が当たり前ではないこと。

 

 

この年、私の周りではたくさんの家族が生まれました。

互いの存在の大きさにみんな気がついたんです。

愛を育み、通わせることが出来ることは当たり前のことではないということに。

 

 

 

私も、いつも私を囲んでいた環境が当たり前ではないことに気がつきました。

 

「お世話になった人、一人一人の顔を見てからじゃなくちゃ、私、この夜の街から離れたくない…。」

 

毎日のように顔を合わせる女の子やスタッフさん、会いにきてくれていたお客様にどれだけ自分が支えられていたかを知りました。

もちろん楽しいことばかりではない。

けれど、働く場所がある。

励まし合える仲間がいる。

私という存在にわざわざ会いに来てくれる人がいる。

それは当たり前ではなくて、毎日が特別だってこと。

 

だから、私は好きな人には「大好き」を「愛してる」を伝えて欲しい。

手を繋げるのなら繋いで欲しい。

明日がいつもあるなんて保証はされていないから。

 

これからもずっと、ずっと、ずっと私は伝えていきたいな。

それが小さな声でも、明日に命をつなぐことの出来ることだって想うから。

 

 

夜の仕事は学生時代はアルバイト感覚でやっていたけれどちゃんと“シゴト”という感覚に変わったのもこの頃。

 

そのオモイが今に繋がっています。

 

今日は、いつもとなりにいてくれる誰かに、何かに、いつもより長めに手をつないだり、抱き合ったり、目を見つめて欲しいなって思います。

少し遠く離れたところにいるのなら、言葉や文字で伝えてみてください。

 

感謝や祈り、願いで溢れる一日になりますように。

 

悪縁を切り、良縁を結ぶ《安井金比羅宮》へ♡

 

 こんにちは♡

艶塾講師青木人生です♡

 

冬のドラマも最終回に向けて、盛り上がりを見せている今日この頃!

今期のお気に入りのドラマは何でしたか?

 

私、お気に入りになると本もドラマも何度も、何度も見てしまうタイプ♡

 

そんなお気に入りのドラマの中に2005年に放送されていた篠原涼子さん主演のanegoってドラマがあります♡

もうかれこれ10年以上前のドラマ。

 

このドラマを見ている頃の私はまだセーラー服を着ていて、まさかその10年後に『姐さん』って呼ばれているなんて思っていませんでしたw

 

このドラマを見ていた頃に「将来、京都に旅行に行ったら絶対行こう!」って決めていた場所があります♡

 

それは…

 

悪縁を切り、良縁を結ぶ

f:id:tsuyajuku0922:20170303161810j:plain

 

で有名な安井金比羅宮さん♡

 

もはや、この写真、何がどうなってるの?って感じですよね。

 

これは大きな石のドームみたいなものなんですけど、これを前から通るときに悪縁を切って、後ろから前に通る時に良縁を結んでもらうんです💕

 

その願いを書いた紙が、この石の一面に下がっている札!

「縁を切る」というとなんだかあまりいい響きではない気がしますが

 

「自分では断ち切らなくちゃいけないって頭では分かっているけれど実際には動けない…」

 

そんな経験はありませんか?

そんな時にはもってこいなんです♡

 

これをくぐり抜けている篠原涼子さんがanegoのドラマに出てくるんですね~

 

ここ数年はちょっぴりご無沙汰してしまっていますが、以前は毎年、京都に足を運んでいたので、一年に一回は必ず訪れていた場所です♡

 

www.yasui-konpiragu.or.jp

 

今年は行けるかな♡

 

 

はっ!

こちらの安井金比羅宮さんに行く時の最大の注意点!

 

短いスカートで行かないで!w

 

ご覧の通り少し狭い穴をくぐるのでハイハイする感じになるんです!

想像すると分かるように短いスカートだと、神様に多大な刺激を与えてしまいます!

 

京都に行ったら一回でたくさんの場所にも足を運ぶと思うので動きやすい格好で🎶

 

 

 

最後に《anego》の紹介♡

アラサー女性には「あ~、分かる、分かる」の連続♡

篠原涼子さんのファッションにも注目です♡

anego〔アネゴ〕 DVD-BOX

anego〔アネゴ〕 DVD-BOX

 

 

ニャンニャンしてますか?🐈

こんにちは♡

艶塾講師青木人生です♡

 

先日の艶塾LINE@をご覧になった方は、もしかしたら…あの話かな?なんて方もいるかも♡

 

みなさ~ん!

男性も女性も!ニャンニャンしてますかぁ????♡♡

 

2月22日のLINE@でお送りした、猫ちゃんのお話♡

私は去年の初夏から猫ちゃんと暮らしているのですが…本当に…

 

彼女たちからは学ぶところが多すぎる!!

f:id:tsuyajuku0922:20170307202939j:plain

 

身のこなしをはじめ、なんて自分の見せ方がうまいんだろうか…と。

それがなんの嫌味もなく、むしろ癖になる。

 

「猫みたいだね」ってもしも言われたらどう思いますか?

嬉しい?それとも「それ、褒めてんのか?」となんだかちょっとイラッてする?

 

もしも意中の人に「猫みたいだね」と言われたら、それは少なからずあなたに相手が心を惑わされている証拠です♡

 

猫ちゃんって本当に甘え上手なんです。

しかも、それがいつも甘えてばかりの甘ったれではない!

前にお話した…

tsuyajuku0922.hatenadiary.jp

 

こちらの記事に出てくる、女性像。

当てはまる方、結構多かったのではないでしょうか?

 

ここ近年は空前の猫ちゃんブーム!なんても言われていて、テレビで話題になった猫ちゃんたちの写真集が出たりすることもしばしば…。

昨年はルドルフとイッパイアッテナなど猫ちゃんが主人公の映画もありました🐈

 

そこで、私、とあることに気が付いたんです。

 

もしかして、甘え下手さんが増えているんじゃないかって

 

強がって生きてしまう女性を描かいたドラマの中では猫ちゃんを飼っている設定が多いですし、なんだかうまくいかないことが続いたり、落ち込んだ時に道の猫ちゃんに声をかけたりご飯をあげたりするシーンが多いと思いませんか?

 

「こんなに素直に甘えたり、想いのままに生きられたらいいだろぉなぁ…」

 

って感じている人が多いんだろうと思うのです。

 

恋人との関係にしてもそう!

本当はコテンって甘えたいって思ってるのになんだか強がっちゃってお得意の「大丈夫!」を連発しちゃったり。

本当は構って欲しいのに「かまって~!」なんて言えなくて、どうでもいい人からの興味関心で埋めようとしてしまったり。

 

結果、全部のちのち自分が虚しくなるだけなんです、これらって。

 

だから、初めから…素直になっちゃえ♡

どうしても、どうしても、なんかうまくそれを表現できない時の魔法の方法!!w

 

彼、もしくは彼女の腕やら脚やらどこかに猫ちゃんみたいな手を作って…

↓これ

f:id:tsuyajuku0922:20170309133829j:plain

 

「にゃ~ん」

 

って言ってみて!

 

心が通じ合っている同士なら…言葉がなくても伝わります♡

要は、それを表現することを恐れないことなんです♡

 

さぁ~、今日からやってみよう♡

Let's nyannyan🐈